全国の大学生が夏休み等の長期休暇を利用して被災地の子どもたちと長期的にふれあいながら、地域と交流を行なっていくプロジェクトです。

【メディア掲載】明治学院大学支部の活動が掲載されました。

こんにちは。一昨日は3/11で東日本大震災が発生した日でした。多くの人が亡くなり、未だに遺体が見つかっていない人も居ます。というありきたりな言葉では語り尽くせない衝撃が、あの震災で多くの人に影響を与えました。

そして昨日が「僕らの夏休みProject」の設立記念日です。9年目の今年も変わらず岩手の宮古市,釜石市,山田町,大槌町,岩泉町の子どもたちに笑顔を届けていきたいと思います。

さて、今年の3/11も多くの支部で震災について考える日となりました。

獨協大学支部は釜石市に行き追悼行事に参加させて頂き、青山学院大学支部では岩手の郷土料理を作り岩手について考えたりしました。

そんな中、明治学院大学支部が日比谷公園で行われた震災イベントに参加し、2名の支部員がインタビューを受けました。

その様子が東京新聞に紹介されていますので、是非ご覧下さい。

下記のリンクから読むことが出来ます。

<東日本大震災8年>[日比谷公園]追悼 被災地に思い寄せ

9年目の今年も岩手県の子どもたちに笑顔を届けていきます。また姉妹プロジェクトの「僕らの出張!ミライ会議」も始動したので、今後とも皆様のご支援・ご協力を宜しくお願いします。

========================

【リンク集】

僕らの夏休みProject 公式サイト

僕らの夏休みProject 公式Twitter

僕らの夏休みProject 公式Facebook

僕らの夏休みProject 公式Instagram

========================


投稿日: 2019年3月13日
カテゴリー: メディア掲載|活動報告 | 投稿者:

サイトマップ

Copyright ©2011-2017 僕らの夏休みProject All rights reserved.