全国の大学生が夏休み等の長期休暇を利用して被災地の子どもたちと長期的にふれあいながら、地域と交流を行なっていくプロジェクトです。

2018年度夏企画フィードバック file.14 一橋大学支部

9/16は活動報告会当日でした。ご来場頂きありがとうございました。またそちらの様子もこちらにアップしますので、是非ご覧下さい。2018年度の残りも駆け抜けていくぞー!

======================

初めまして!一橋大学支部 支部長のにしこです!

僕らの夏休みProjectでは、大学生の1グループが毎年ひとつの小学校を担当しています。

ということは、ひとりの大学生は毎年同じ小学校を訪問するのが普通なはず……

しかし、私は2017年と2018年で違う小学校の子どもたちと交流しました。自分たちの所属する支部が2グループになり、新しく交流する小学校の責任者になったんです。

2017年とは変わってしまった2018年の夏企画ですが、違った部分があるからこそ気づいた部分がたくさんありました。今回はこの中から子どもたちの違いを中心に話していければなと思います。

みんな違ってみんないいーー

そんな言葉があるように、それぞれの子どもたちの良さが見えた夏企画でした。

まずは、2017年に訪問した織笠・轟木小学校

織笠・轟木小学校の子どもたちはとっても頑丈。注意してくれても聞いてくれないこともあるし、油断していると子どもたちが何人も寄ってきて手に負えないことも。本当にわんぱくで、ほとんど疲れを感じさせないその姿に衝撃を受けたくらいです。

私自身、2018年は織笠・轟木小学校に行けていないので、実際に行ったメンバーの話や2017年に訪問した際の話になるんですが、子どもたち同士のボディータッチがどにかく豊富。子どもたちみんながエネルギーに溢れています。

1年経った今でも2017年の夏企画を覚えています。昼休みで食事中なのに、鬼ごっこをしようと言われ遊びまわったこと、最後の別れ際にTシャツにものすごい落書きをされたこと、また来てねと強く言われたこと。結局、2018年は別の門小学校へ行くことになってしまったのですが……

では、2018年の夏企画はどうだったのでしょう。この写真は8月8日に行なわれた巨大アート制作のときの様子。これがみんな楽しそうなんですよね。はしゃぎすぎてボディータッチをするあまり、服を汚してしまった子どもたちもいるのだとか。

一方で、2018年に自分が訪問した門小学校

確かに、門小学校の子どもたちは織笠・轟木小学校の子どもたちに比べるとそこまで頑丈というわけではありませんでした。泣いてしまう子どもたちもいるし、ボディータッチも特別多いわけではない。しかし、門小学校の子どもたちの素直さには、自分も本当に感心しました。

門小学校の子どもたちは、素直に指示を聞いてくれる、理解しようとしてくれる、大学生の表情をすごくよく見ている。そして、いろんなことを全力で感じ取ってくれる――

もちろん、織笠・轟木小学校の子どもたちにもそういった部分はありましたが、門小学校の子どもたちからは特に強く感じたんです。

自分たちが暗い顔をすれば、子どもたちも暗い顔をする。自分たちが満面の笑顔をすれば子どもたちも満面の笑顔をしてくれる。本当に、門小学校の子どもたちはすべてを感じ取ってくるんです。だから、自分も子どもたちの前では暗い顔をしてはいけないように行動しました。

ちなみに、この写真は9月10日に巨大アートの制作をしている姿と大切な人にメッセージを書いている姿です。門小学校の子どもたちの顔は本当に真剣。「どんな絵を書こうかな?」「誰にメッセージ書こうかな?」「なんてメッセージを書こうかな?」頭を悩ませながらも、全力で取り組む姿はとても刺激的でした。

まとめてしまうと、織笠・轟木小学校と門小学校の子どもたちの両方ともが“本当にラブい(大好き)”ということですね。「2017年、2018年と本当に交流させていただきありがとうございました」と小学校の先生方、学童の方々には言いたいです。

そして、2019年以降も織笠・轟木小学校、門小学校での交流を続けたい――

2018年の織笠・轟木小学校のテーマ

「出会えてよかったと心から言える瞬間を」

2018年の門小学校のテーマ

「広がるアンテナ、広がるつながりーーすべてはこの出会いから」

この2つのテーマを一橋の支部メンバーがどうやってアップデートさせていくかが今から非常に楽しみです!!

これから先、様々な場面で子どもたちや地域の方々の笑顔を発信していきますので、ぜひご覧ください。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

======================

公式サイト:‭http://bokunatsu.com/‬

公式twitter:‭https://mobile.twitter.com/bokunatsu_pj‬

公式Facebook :‭https://m.facebook.com/bokunatsu.pj/‬

公式instagram :‭https://www.instagram.com/bokunatsu‬

一橋大学支部Twitter

‭https://mobile.twitter.com/bokunatsu_hit

======================


投稿日: 2018年9月17日
カテゴリー: 夏企画|活動報告 | 投稿者:

サイトマップ

お問い合わせ

Copyright ©2011-2017 僕らの夏休みProject All rights reserved.