全国の大学生が夏休み等の長期休暇を利用して被災地の子どもたちと長期的にふれあいながら、地域と交流を行なっていくプロジェクトです。

【活動報告会まであと9日!】2018年度夏企画フィードバック file.11 駒澤大学支部

みなさんこんにちは!
駒澤大学支部のお父さん(支部長)ことぶーちゃんです!

8年目の夏企画が終わりました。
今年8年目の夏企画が開催できたのも
僕夏のOB・OGの方や僕夏に参加してくれた子どもたち、親御さん、地域の方々の協力や支援のおかげで
僕夏は今でも続いています。

夏企画が行われるのが当たり前にあるわけではないということを
忘れずにしていかなければならないと感じた夏企画でした。

 

 

さて、私は夏企画にむけて「支部員のサポート」という目標で夏企画に挑みました!
なぜこのような目標にしたかというと
支部員が夏企画で積極的に動くことで多くのことを学び、経験をしてほしい。
そこで学んだことを活かして行動に移してほしいという想いがあったので
今回、私は夏企画で裏方の仕事に徹しました。
裏方では時間の管理や臨機応変な対応などをやっていました。

その仕事ができたのも支部員なら子どもたちのことを楽しませたり、
子どもたちの笑顔をたくさん生み出したりすることができると思っていたので
精一杯裏方の仕事に徹することができました!

 

駒澤大学支部が交流しているのは磯鶏小学校

 

🌻交流1日目🌻
小学校に到着したらすぐ子どもたちが来てくれて、
こんなに僕夏を楽しみにしていてくれる子どもたちがいてくれて感動しました✨
午前中は名前ゲームや爆弾ゲームなど最初はすこし緊張していた子どもたちも大学生と打ち解けていきました!
(大学生の方が緊張している様子が伝わって来ました…!)
午後は入浴剤づくりや制作でフリスビーや牛乳パックヨーヨーを作り
より子どもたちと仲を深めることができました!

 

🌻交流2日目🌻
残念ながら台風のため中止になってしまいました。
しかし、1日目の反省をしっかり活かして
子どもたちが楽しんでくれるようなレクを考えることができました!

 

🌻交流3日目🌻
交流2日目ができなかった分の力を存分に出してきた3日目!
1日を通してのそけりんぴっくを行いました!
玉入れやパタンパタン合戦などを行い、各チーム一致団結をして、どの競技も白熱していました✨
子どもたちはレクに夢中になると目の前が見えずに、真剣にレクに参加してくれました!
また3日目は子どもたちにも写真を撮ってもらい、学年問わずに子どもたちが写真を撮っていました!
普段見ることのできない光景が見れました☺︎︎

 

 

今回の夏企画は筑波Bと合同になり、いろいろ不安なことがたくさんありました。
しかし何とか乗り越えることができ、合同であったからこそ経験できたことがたくさんありました!

 

もう9月に突入しています。
これからの時期は支部での活動が盛んになるでしょう!
この秋、夏企画を通して得たものを行動に移し、チャレンジしていきたいです!✨

 

======================
公式サイト:‭http://bokunatsu.com/‬

公式twitter:‭https://mobile.twitter.com/bokunatsu_pj‬

公式Facebook :‭https://m.facebook.com/bokunatsu.pj/‬

公式instagram :‭https://www.instagram.com/bokunatsu‬

駒澤大学支部Twitter
‭https://mobile.twitter.com/KomaBokunatsu

======================

 


投稿日: 2018年9月7日
カテゴリー: 東北|活動への想い|活動報告 | 投稿者:

サイトマップ

お問い合わせ

Copyright ©2011-2017 僕らの夏休みProject All rights reserved.