全国の大学生が夏休み等の長期休暇を利用して被災地の子供たちと長期的にふれあいながら、地域と交流を行なっていくプロジェクトです。

夏企画プレイバック

こんにちは!僕らの夏休みProjct(以下:僕夏)です。

僕夏では7月からSNSでお伝えしていた通り、8月6日から12日にかけて、
僕らの夏休みProject(夏企画)を行ないました。

2011年度から7回目となる今年度も、開催にあたってたくさんの方々が応援・支援を下さり、
無事に全日程を終える事が出来ました。本当にありがとうございました。
遅まきながら、夏企画の各日程の活動報告をさせて頂きます!

◆8月6日〜7日
今年度の学生の参加者は327名。
大型の観光バスを8台貸し切って、21:30新宿発の夜行で岩手へ向かいました。


(↑出発前の集会の様子。OBOGも見送りに駆けつけてくれました!)


(↑昨年度からバスには旗を付けて運行。朝方に遠野のSAに着いた時の様子です。)

岩手に到着した7日は学生全員が陸中海岸青少年の家に集合し、決起集会を行ないました。
今年から宿泊施設が2拠点に分かれるため、期間中に350名が集まる最後の機会として、意気込みを語ったり、
運営メンバーである執行部から各地域で活動するメンバーへ想いを託す時間を取りました。


(↑盛岡から駆けつけた顧問の袰岩さん(画面後方)も決起会に参加して下さいました。)

◆8月8日〜9日
SNSにてお伝えしたため皆さんもご存知かと思いますが、今年は台風が岩手県上空に直撃し、
前日の気象予報と警報から危険と判断された為、8日〜10日の3日間を予定していた小学校との交流企画のうち
前半の2日間を中止することとなりました。

小学校と各家庭へ連絡をしたのち、1日目の朝は小学校へ担当の学生が向かい、間違って登校してしまった
子どもたちを家へ送るなどの対応を行ないました。

待ち遠しく思っていた子どもたちとの出会いが叶わず、雨のなか涙を流す学生もいましたが、道中ですれ違った
保護者の方々や迎えて下さった小学校の先生方との会話が力をくれました。

 


(↑1日目、間違えて登校してしまった子どもたちがいないか確認のために小学校へ向かう道で、保護者の方にお会いした支部も。)

また他にも、もともとこの夏企画に同行して下さっていた
岩手県レクリエーション協会の室岡さんがレク講習会を開いて下さったり、
1日でどれだけ子どもたちを笑顔にして帰るか、各支部ごとに会議を行なったりして2日間を過ごしました。


(↑室岡さんがレクを行なって下さった『ムロタイム』の様子。とってもためになり楽しい時間となりました。)


(↑晴れていたら子どもたちと交流しているはずの時間も、念入りに支部会議。いかに短い時間で想い出を持って帰ってもらうか…みんな真剣です。)

▼8月10日

予定では3日目に当たるこの日、やっと最初で最後の交流企画を行うことが出来ました。
各支部が1日分に詰め込んだたくさんのレクリエーションを届け、
待ってくれていた子どもたちと今年の夏の想い出をたくさん作りました。


(↑今年で4回目の交流となる鍬が先小学校。子どもたちの勉強を見てあげるのも僕夏メンバーの役割です。)


(↑今年度から新たに交流が始まった新里小学校。初めて会う大学生と、虫かごやミサンガ作りを一生懸命に楽しんでくれました。)

他にも運動会や科学実験などの定番のものや、ちょっと珍しい外国の遊びなど、短い時間ながら
工夫を凝らした遊びを通してたくさんのふれあいが生まれました。

「また今年も来てくれたお兄ちゃんお姉ちゃん」として、みんなの心に残ることが出来たかな??

 

次回は最終日のお祭り編!!
無事に晴れて大にぎわいとなった祭り会場の様子をお伝えします!

 

#bokunatsupj


投稿日: 2017年9月10日
カテゴリー: 活動報告 | 投稿者:

サイトマップ

お問い合わせ

Copyright ©2011-2017 僕らの夏休みProject All rights reserved.