全国の大学生が夏休み等の長期休暇を利用して被災地の子どもたちと長期的にふれあいながら、地域と交流を行なっていくプロジェクトです。

その土地の出身者がおすすめする東北のイイトロコ【福島編その②(いわき)】

こんにちは、こばです!

雨の日が続いて憂鬱な気分になりがちですね

そんな日は知らない土地について調べて、晴れたらここへ行こう!なんて計画を立ててみるのもいいですよ(^-^)

さて今日は、前回に引き続き福島県についてです。

今回は私と同じ明治学院大学支部で、いわき出身の なっちゃん にご協力いただきました!

*メヒコ

シーフードレストランメヒコは、福島、茨城を中心に展開されているシーフードレストランです。

11

東京には水族館のようになっている店舗(東京ベイ有明館)がありますが、福島や茨城の店舗ではフラミンゴがいる店舗があることで有名ですね。

福島にはいわき郡山に1店舗ずつ、フラミンゴ館があります。

客席とフラミンゴが飼われているスペースがガラス一枚で仕切られており、ふと横を見るとフラミンゴが

お子様にも喜んでいただけること間違いなし!

2

(dekakeru.jpより)

人気メニューはカニピラフ。殼つきものもと剥き身で選ぶことができます。

私は昔殼つきを選んだものの、幼かったため自分で剥ききれず、親に丸投げしたことがあります()

もっとロマンチックな雰囲気がいい、という方には、いわきマリンタワー店がおすすめ。

こちらは小名浜港、アクアマリンふくしまからも程近いところにあります。

この店舗のコンセプトは、オーシャンビュー

目の前に広がる景色は、地元民なっちゃんもおすすめするほど😉

夕暮れ時には、茜色の空と綺麗な海の景色が楽しめますよ!

《メヒコいわきマリンタワー店》

970-0316 福島県いわき市小名浜下神白大作93

電話0246543737

営業時間11:0022:00(ラストオーダー21:00)

定休日 なし

アクセス 常磐自動車道 勿来ICより25

*ゼリーのイエ

ゼリーのイエは、ひとつひとつ手作りされたゼリーを売っているお店。

1988年から始まったお店だそうです。

地元ではもちろん有名だそうですが、なんと雑誌にも取り上げられたことも!

33

(ゼリーのイエHPより)

ゼリーはキュートな形、そしてカラフル。見ているだけで楽しい気持ちになってしまいます。

食べるのが勿体なくなるほどかわいい!

種類は約20種類ほどあるそうで、お土産としても喜ばれそうですね。

お昼には全て売り切れてしまうことも多いようです。

食べてみたいけどいわきまで行く時間がない!という方、

こちらのお店のゼリーは嬉しいことに、オンラインショップで購入できるんです!

ですが電話での注文受付はしていないそうなので、注意してくださいね。

《ゼリーのイエ》

971-8164 福島県いわき市小名浜寺廻町7-16

営業時間9:0015:00(売切れ次第終了)
電話0246542431

Fax0246923378

定休日:土日祭日

アクセス 勿来ICから車で約30分/いわき湯本ICから車で約15

HPhttp://zerry-no-ie.net/

online shophttp://www.zerry-house.com/

*豊間海岸

豊間海岸は、福島県立磐城海岸自然公園内にある、3㎞に渡る海岸です。

44

(tabicoより)

その素晴らしい景観は「福島遺産100選」にも選ばれたこともあります。

3.11の被害にも耐えたこの海岸の鳴き砂は、いわきの誇りとして、地元の企業やサーファーの方などによって守られてきました。

石英の含有率が高く、砂の粒が小さいために、踏むと砂が「キュ」と音を立てます。

不純物の少なさも条件のひとつです。

夏場は人で賑わい、近くの豊間港では釣りや磯遊びなども楽しめます。

気温が高く乾燥した日には鳴き砂もよく鳴るそうなので、行くならやはり夏がおすすめですね!

《豊間海岸》

970-0224 福島県いわき市平豊間字八幡町

電話0246227480

海岸開設時間9:0016:00

駐車場あり(無料)

いわき中央ICから車で約30分/いわき駅から車で約20

*フラおじさん

福島と聞くと、ハワイアンズやフラガールを思い浮かべる人も少なくないと思います。

しかし知っていましたか?フラおじさんなるものが存在することを…!

ƒvƒŠƒ“ƒg

(いわき市サイトより)

いわき観光情報ナビゲーター フラおじさん。本名はいわきフラ次郎。

彼は、広い福島のことをもっと広めていくために頑張っているそうです!

もじゃもじゃ髪の毛、タンクトップ?の日焼け、ちょび髭、

どこか惹かれるものがありますね

キモカワイイ、というものでしょうか!?

HPFacebookなどもありいろいろな発信をしていますが、時々ぼやきが入るため

勘違いされてしまうこともあるんだとか

マスコットキャラクターとしてイベントなどにも出ているようです。

見かけたら是非、一緒に写真を撮ってもらいたいですね!

今回も長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

福島は広く横に長いため、内陸と海側の地方の違いが見えて、きっと面白いですよ!

是非福島に、足を運んでみてくださいね。

来るのは難しくとも、福島のものを買って食べたり使ったりしてくれるだけで、福島は元気になります。

これからも福島をよろしくお願いします

それでは、また次回!


投稿日: 2016年9月28日
カテゴリー: その他の年間計画 | 投稿者:

サイトマップ

お問い合わせ

Copyright ©2011-2017 僕らの夏休みProject All rights reserved.