全国の大学生が夏休み等の長期休暇を利用して被災地の子供たちと長期的にふれあいながら、地域と交流を行なっていくプロジェクトです。

もう1つの家族を作ろう♪(武蔵野大学支部)

こんにちは!
僕らの夏休みProject 実行委員会2016年度武蔵野大学支部支部長の三浦凌です。

IMG_3995
武蔵野大学支部は2015年10月に設立された支部で今年は初めての夏企画になります。
初年度から19人のメンバーとなり、非常に個性が強いメンバーばかりです。なぜこんなにも特徴のあるメンバーが揃ったのか。そのような悩みができるほどのメンバーです。
武蔵野大学支部は山口小学校の子どもたちと交流できることになりました。出会ったことはないけれど、どんな子どもたちがいるのかを想像しながら、いつも楽しみにしています。
新しい支部ということもあり、岩手県に行ったことがないメンバーが多かったので、夏企画に行く前に支部として実際に岩手県の沿岸部を巡ってきました。そこで、ガイドさんや津波伝承館の方、浄土ヶ浜マリンハウスの方からたくさんのお話を聞かせていただきました。実際に現地へ足を運ぶことで、漠然としていた震災から5年後の岩手県のイメージが一掃されました。これを機に夏企画への気持ちも高まりました。

IMG_3996
自分は去年の夏企画、青山学院大学支部が交流した藤原小学校に行きました。藤原小学校の子どもたちはとっても元気で、楽しい表情というより幸せそうな表情をしていました。
その表情を見て、新しく支部を立ち上げて、より多くの子どもたちに幸せな時間を感じてもらいたいと思い、新支部の立ち上げに踏み切りました。もちろん藤原小学校の子どもたちのことは忘れたことはありません。
そして立ち上げた武蔵野大学支部の今年の目標は「もう1つの家族を作ろう♪」です。
僕夏の活動理念の1つに「子どもたちのお兄ちゃん、お姉ちゃんのような存在になる」というものがあります。
この理念を支部としても大切にしていきたいということになり、「私たち大学生がお兄ちゃん、お姉ちゃんなら子どもたちと1つの家族になれるね!」という一言でこの目標になりました。
さらに去年の夏企画を通して学んだことは、子どもたちは負けず嫌いな子が多いので大学生が全力になればなるほど子どもたちは楽しんでくれるということです。手加減をすると子どもたちはすぐに気づき、つまらない顔をしてきます。なので、子どもたちに対してはいつも全力で交流してきます。
今年の夏企画は山口小学校と武蔵野大学支部で1つの家族を作れるように、夏企画まで寄り道することなく突き進みたいと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『僕らの夏休みProject』
Facebook:https://www.facebook.com/bokunatsu.pj
Twitter: @bokunatsu_pj
Instagram:http://instagram.com/bokunatsu

ただいまREADYFORも行っております!
ぜひ、こちらからのご支援もよろしくお願いします。
https://readyfor.jp/projects/bokunatsu2016

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


投稿日: 2016年7月28日
カテゴリー: 活動への想い | 投稿者:

サイトマップ

お問い合わせ

Copyright ©2011-2017 僕らの夏休みProject All rights reserved.